2009年08月16日

JAL クラブAカード 作りました

スマイルパーソナルがメインカードとして活躍しなくなりました。
8月5日までは使っていましたが、それ以降はマイルが半減するためです。

日系トレンディを買い、研究しました。


その結果、JALカード TOP&ClubQにしました。

1EDYチャージ可能(ポイントがつくかはまだわかりません。)
2PASMOチャージでもポイント加算。
3規定の初乗りで5000マイル
4プラス¥2100で¥100=1マイル
5東急での買い物でも東急ポイントがつく
6WAONもチャージでき、ポイント加算される


まず、いまどきPASMOかSUICAがないとEDYをカバーする電子マネーが完璧でない。
WAONチャージでもポイント加算。
この2点が大きな理由です。
あとJAL SUICAとの大きな違いは「家族カードがあること」
これでマイル増産可能です揺れるハート

そしておまけの理由は、チェックインで優先で通されること。

ただ、飛行機にはほとんど乗らない人は普通カードで十分です。

新たなメインカードはこれに決まりですひらめき

JALカード TOP&ClubQカードのリンクへ



posted by emisaiba at 17:45| Comment(0) | JAL マイル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

上海3日目

この日は朝起きて、準備ができてから朝ごはんを食べず、タクシーで豫園に行きました。

豫園は昔の風情が残る建物で、ちょっとしたテーマパークのようでした。
ここの有名な小龍包の店でブランチをとりました。
初めて日本語メニューをみて、感激るんるん

町の中をぷらぷらと歩いていると、お店の人に捕まり、なぜか10元の伸び縮みするおばさんシャツを子供が買いました。
近くの市場で水ではるタトゥーを数枚購入。

その後、タクシーで新天地へ行きました。

新天地はまるで西麻布のような、おしゃれなレストランやカフェ、雑貨屋さんがあり、物価も都内並みでしたあせあせ(飛び散る汗)
ジュース1杯40元ですexclamation×2
とてもおしゃれな落ち着いた雰囲気がとてもよかったですが、物価もお高くてー(長音記号2)

帰りに駅まで歩きました。
駅ビルのデパートに入り、子供服バーゲンで洋服を購入。
上の階のおもちゃ売り場で探していた中国語のおもちゃを発見ハートたち(複数ハート)
200元くらいしました。

帰りは地下鉄で戻りました。

主人と子供たちはホテルで一服。
その間に私だけ地下鉄で個室サロンへ行きました。
とてもわかりずらく、近くまできてその辺にいた人に住所を書いた紙を見せて、指差しで「あっち?こっち?」と日本語で聞いてジェスチャーでいくことができました。(2名に聞いたexclamation

普通のマッサージと中医師がやるマッサージで値段が違ったので、一応高めの中医師でお願いしました。

まあまあうまいんだけど、期待していた以下でした。

どうやらマッサージ業界は日本のほうが上のようです。

マッサージが終わり、待ち合わせの時間まであったので、近くのおしゃれな通りを探索しました。

ここはまるで表参道、銀座。
来ている人達もリッチで、まともな人ばかり。
何よりも各十字路で公安の人が交通整理をしていて、歩行者、バイク、自転車でもマナーが悪いと怒られていましたダッシュ(走り出すさま)
おそらく上海万博に向けての訓練と思われます。

このとおりはZARA,H&Mなどがあり、バーゲン価格は日本と物価差なく同じでしたもうやだ〜(悲しい顔)

いよいよ待ち合わせ時間になり、ホテルオークラガーデンへ行くと、すでに主人と子供たちは待っていました。

主人も1人で子供3人をみて海外でも移動できるようになりました黒ハート

ここでの目的はビュッフェです。
おいしいと聞いていたので行きましたが、まあまあでした。
ただ、子供たちは日本食と自分たちの好きなものを好きなだけ食べられることに、感激していました。
なんだかんだいって、食事が口に合わなかったんですね。

ここでJALカードでお支払いしたら、なんと特約店だったらしく、割引になりました。子供1人分割引になりました。

タクシーで帰り、お風呂に入ってすぐに寝ました。
posted by emisaiba at 17:41| Comment(0) | 特典旅行 2009上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

上海 2日目

朝からタクシーを飛ばして、上海虹橋珍珠城というショッピングセンターへ行きました。

途中渋滞して、運転も荒いため、子供は車内で気分悪くなりました。

人民広場から20分から30分でつきました。あと10分で虹橋空港という距離感です。


朝一だったためか、ひっそりとしたショッピングセンター。
1Fは婦人服、紳士もの、おもちゃ、雑貨、おみやげ物。
2Fは真珠売り場。それ以外はシャッター商店。(お店閉まっている)
3Fは子供服、雑貨、おもちゃ。

まずはおもちちゃ屋さんへ行きました。
しかし、一番下の子供がタクシーの酔いがきたのか、店内で嘔吐がく〜(落胆した顔)
お店の人に必死に日本語で声かけして、お掃除道具を出してもらいました。店員さんが中国語で「私がやります」といっているのがわかりましたが、本当に申し訳ないので「私にやらせてください」とジェスチャーつきで伝えたら、伝わりました。

申し訳ないので、無理に割り算がわかるおもちゃを定価で買いました!
(中国の買い物は値切りが常識なのに、、、。


洋服を汚してしまったので、子供服で着替えを買い、ついでにおにいちゃんのニセモノラルフローレンシャツ、パンツを買いました。ここではもちろん値切りましたよグッド(上向き矢印)

下に行き、アディダスのトレーニングウェアを言い値の2分の1で買いました。

子供も調子悪いのでタクシーでまたホテルまで戻りました。

子供の元気を取り戻すため、水族館に行くことにしました。
「水族館に行くよー」といったとたん、元気になる子供たちたらーっ(汗)


すぐに準備して、地下鉄で行くことにしました。
地下鉄は販売機もわかりやすく、しわくちゃのお札でも吸い取ってくれて、買いやすかったです。
チケットは近距離3元。この先の乗車でもいつも3元で移動しました。
でてきたチケットは分厚いテレホンカードみたい。
でもこの中にICが入っていて、乗るときはゲートの上のスイカ、パスモのように置くだけ。
現地の人の中にもかばんをそのまま載せて、ゲートを開けている人もいました。

そしてなんといっても驚いたのが、子供は無料ぴかぴか(新しい)
小学生の子供も入札のゲートをくぐって行って良いのです電車

駅構内はとてもきれいで、近代的。
電車案内の表示板はカウントダウン式でなんと秒単位で表示されていましたsoon

車内もロンドンの地下鉄よりもきれいで天井も高く、冷房も効き快適でした。


水族館の駅に着くとそこから猛暑が待ち構えていました。
駅から5分くらいの距離ですが、かなり長く感じられました。
駅前は歩行者信号がなく、車も多くてわたるのが怖かったです。
ベビーカーでいくのは至難の業かあー。

水族館内は日本の水族館並みに整っていて(そりゃ入場価格が日本と変わらない大人220元、子供130元)きれいでよかったです。
まわりは上海で成功している家族、アジアからの観光客でにぎわっていました。
魚のトンネルはとてもすばらしく、後半は動く歩道になっていました。

出口の手前のお土産屋さんは、子供向けのお土産が安かったです。
またフードコートで昼食をとりました。
30元でランチセットが食べられてよかったです。

ご飯を食べ、また地下鉄でホテルに戻りました。


昨日もそうでしたが、みんながホテルで休憩中に私一人抜け出して、マッサージを受けに行っていました。


1日目は近くのショッピングセンター内のエステ系のサロン。
ここではホットストーン、アロママッサージを1時間200元で受けました。

2日目の今日は日本人経営の芸能人御用達のサロンへ行きました。
こちらは来たお客さんみんなに角質ケアをすすめていて、営業がすごかったです。
1時間89元の足裏でしたが、はじめは腕のマッサージ、次に足裏、最後に肩から背中を座りながらマッサージしました。
なぜかすいかとお茶を施術中に出されましたあせあせ(飛び散る汗)
リラクゼーションとは程遠く、施術中も施術者同士おしゃべりしたり、話しかけられたり。すいか、おちゃを勧められたりでした。


夜は上海雑技団を見にいきました。
またもタクシーで渋滞の中の移動。
ホテルのコンシェルジェに予約を入れてもらったので、案内はスムーズでした。
公演はとてもよかったですグッド(上向き矢印)ぴかぴか(新しい)ー(長音記号2)黒ハート
子供もかなり受けていたり、途中から集中して口をぽかんと開けて見入っていました。誰も眠る人はいませんでした。

久しぶりに本格的なマジックも見られたし、質の高いサーカスを見ることができて大人も満足でした。
ぜひまた見に行きたいです。

夜はホテル近くのサブウェイでサンドウィッチとなりました。

posted by emisaiba at 09:41| Comment(0) | 特典旅行 2009上海 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。